Monthly Archive: 2018-August

後発医薬品は本当に効果があるのか?...

治療薬の種類には色々ありますが、最近評判が良いと言われるものに後発医薬品というものがあります。 これはジェネリック医薬品ともいわれますが、特許の切れた薬を安く作ったものです。 価格が非常に安いので海外ではよく使われていますが、日本ではそれほと多く使われてはいません。 この後発医薬品は値段が安いという特徴がありますが、本当に効くのかという疑問をお持ちの方も多いはずです。 同じ効果なのに安い薬があるのはおかしいですから、何か抑える要因があるのではと考えてしまう方もいます。 結論からいうと後発医薬品の成分は、一般的には全く同じです。 もしくは含有量に違いがあるだけで、ほぼ変わりはありません。 違いがあるのは治療薬の構成を作っている物質の差で、これによる薬の効き目の違いはあります。 例えば、ある成分が含まれた新薬があった場合、後発医薬品でもその成分は全く同じです。 違いがあるのはその成分を錠剤に固めているもの、治療薬の製造方法に違いがあります。 後発医薬品は成分はほぼ同じですけど、治療薬を作る時に使われる薬剤が違うのでその違いが出ることはあります。 どのような違いが出るかというと、薬の溶けるスピートが変わるなどのことがあります。 また、有効成分の分量が変わっているジェネリック医薬品の場合、効果の現れ方が変わります。 有効成分が抑えられている場合、効果が強く現れないので初心者にオススメな治療薬になると言えます。 効果が強く現れて新薬が使いにくいと思っている人にも、このようなジェネリック医薬品はオススメできます。 そのため結果的に薬の効果が変わることもありますが、日本の国内で販売されているものならば問題はないです。 国内で販売されているものは厳しいチェックを受けているので、本来の治療薬との明らかな違いはでないようになっています。

バリフは現在製造中止されている!...

レビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、現在製造が中止されています。 そこにはレビトラの開発や製造を行っているバイエル社が関係しています。 インドでは特許法が他の国と大きく変わっており、薬に対する特許の一部を認めていません。 その為、他の国には存在しないジェネリック医薬品がインドには存在してしまいます。 それらを個人輸入することで世界中で販売されてしまう事態が、バリフ以外にも横行しています。 新薬の開発には長い時間とお金がかかっています。 なので軽々しくジェネリック医薬品を作られては、新薬の開発会社はたまったものではありません。 そこでレビトラの開発会社であるバイエル社は、レビトラのジェネリックの販売と製造をめぐって裁判を起こしました。 2017年にバイエル社の主張が認められ、シルデナフィルを含む医薬品の製造中止が決定しました。 今回の裁判でバリフの成分であるバルデナフィルを含んだ医薬品の製造は中止になりました。 しかし、インド国外に輸出されたバリフに対しては、バイエル社の主張が有効ではありません。 なので、現在販売されているバリフに対しては、在庫がある分は今まで通りの販売が可能ということになります。 バリフは人気のジェネリック医薬品なので、需要によって在庫は減りつつあります。 個人輸入サイトでも在庫切れや入荷待ち状態が相次いでいます。 もし、バリフじゃないとダメだという人は早めに確保しておく必要があります。 バリフはいずれ無くなる運命の医薬品です。 そうなった場合、バリフに変わる医薬品を探す必要があります。 レビトラを購入すれば解決する話ですが、人によってはレビトラを購入できない人もいるかもしれません。 もしそうなった場合、ジマトラやサビトラの様な代わりになるジェネリック医薬品が存在します。 これらも、もしかしたらバリフと同じ運命を辿る可能性も否めません。