Monthly Archive: 2018-July

レビトラのジェネリック医薬品バリフに注目!...

バリフはED治療薬として知られる、レビトラのジェネリック薬品です。 レビトラは通販で購入できるため人気ですが、さらにバリフはレビトラと同様の効果を得ることができながら、10分の1程度の価格で購入することができます。 EDの悩みは、他人に打ち明けることが難しいため、通販で購入することができる、海外製のED治療薬が人気です。 以前は輸入品のため、購入の際にかかるコストが高いことがネックとなっていましたが、最近はこのように安価で購入することができる、ジェネリック薬品が販売されるようになり大変入手しやすくなりました。 特にバリフのようなレビトラ系の薬は、食事や飲酒の影響を受けにくいというメリットがあります。 もちろん空腹時に摂取した方が効果的ですが、食後や飲酒後に服用しても、十分な効果を得ることができます。 服用する時間に縛られないということは、デートを楽しむカップルにとっては、非常に使い勝手が良い薬であるといえます。 また服用後、すぐに勃起状態になりやすいということもバリフの特徴です。 個人差はありますが、非常に即効性があるので、早ければ服用後10分から20分程度で、下半身に反応がみられます。 また遅い人でも、最長60分程度あれば効果を時間することが可能です。 またこのように即効性があるにもかかわらず、持続力が長いことも、バリフの大きな特徴です。 平均でも3時間から4時間、効き目の効果が高い人であれば、5時間から6時間程度、勃起のサポートを受けられます。 しかし、まれにED治療薬特有の副作用がでることがあります。 特に深刻なものはありませんが、頭痛や火照りといった症状が見られることがあるので、外出や車の運転などは避けた方がよいです。 しかし使用しているうちに少しずつ慣れてくることがほとんどなので、最初の使用時に症状が出たからといって、すぐにやめる必要はありません。

食事を摂った後と空腹時のレビトラの効果を比較する...

レビトラはバイアグラよりも即効性があり、食事の影響を受けにくいとされています。 しかし、全く食事の影響を受けないというわけではありません。 あくまで受けにくいだけで、食事自体の影響は受けてしまいます。 食事によって吸収が阻害されてしまうこともあり、効果が弱くなってしまったり即効性が失われてしまう事もあります。 レビトラは即効性が特徴的なED治療薬なので、それが失われるのは致命的だと言えます。 間違った使用例として、夜に頑張るためにスタミナをつけようと食事を張り切ってしまうケースがあります。 スタミナの付く料理には脂肪分が多く含まれるイメージがあります。 脂肪分が多い食事とED治療薬は非常に相性が悪いです。 もしその様な食事ととってしまうと、食後に2時間空けたとしても十分とは言えないかもしれません。 和食の様な脂肪分が少ない食事であれば、あまり影響を与えないので1時間程度で済むかもしれません。 レビトラの許容カロリー摂取は約700kcal未満とされています。 外食時のメニューにカロリーが載っていることが増えたので、イメージはしやすいと思います。 700kcalというのはそこそこ食事を控えめに摂取する必要があります。 チェーン店の牛丼の並盛で丁度前後する程度ですので、満腹状態まで食べてしまってはいけないことがわかります。 また、レビトラには10mgと20mgがあり、それによっても効果の時間に差が出てきます。 10mgの場合は約5時間の効果が期待できますが、20mgでは約8時間の効果が期待できます。 食事の影響の他にも、レビトラの種類によっても変わってきます。 レビトラは食事の影響を受けにくいと広まっていますが、あくまでもバイアグラと比較した話です。 あまり過信しすぎず、どうせなら空腹時に服用した方が確かな効果が得られます。