レビトラは日本での販売が正式に認められた、三大ED治療薬の一つです。
世界で初めて認められたED治療薬はバイアグラで、レビトラはその次に認められました。

レビトラは2003年にドイツのバイエル社から販売され、日本では2004年に正式に認可されました。
レビトラという名前には、フランス語の男性定冠詞とラテン語の生命という意味が含まれています。
つまりレビトラは、男性の生命と言う意味になります。
また、パッケージには火のイラストが描かれています。
これにはマッチがすぐ着火して使えるように、レビトラの即効性を表現しています。

EDになる原因は、勃起させるために必要なcGMPと呼ばれる酵素が何らかの原因によって放出量が減ることが挙げられます。
cGMPの放出量が減っているのに、勃起を抑制させるPDE-5自体は通常量分泌されていまうと、勃起しなくなってしまいます。

レビトラの主成分はバルデナフィルで、PDE-5と呼ばれる酵素の働きを阻害する効果があります。
効果自体はバイアグラに含まれるシルデナフィルとほとんど変わりません。
バルデナフィルはPDE-5阻害薬として、勃起を萎えさせる効果を持つPDE-5を分解することで勃起を補助してくれます。
シルデナフィルと違い、バルデナフィルは食事の影響を受けにくく副作用も少なくなっています。

バルデナフィルには水に溶けやすいという性質があります。
これによりレビトラは、他のED治療薬と比較しても即効性があります。
服用してから10分から30分程度で効果を発揮し始めます。
効果の持続も5時間から8時間程度続くので、服用のタイミングが計りやすいです。

レビトラの副作用を知っておこう!

レビトラはバイアグラと比較しても副作用が出にくいとされています。
それでも副作用が全くないわけではありません。
副作用について知らずにレビトラを服用していると、いざという時に対処に困ってしまう可能性があります。
事前に副作用について知っておいた方が、対処が迅速に行えるはずです。

バルデナフィルに含まれる効果の副作用としてよくあるので、ほてりや目の充血です。
これらの症状はバルデナフィルが行き渡り、効き目が現れている証拠だとされています。
その他にも頭痛や動悸、鼻づまりなどの症状が現れることがあります。

バルデナフィルの副作用は一般的に4時間から6時間程度で収まるとされています。
これ以上経過しても症状が改善されない場合は、服用を中止してください。
その後すぐに医師に相談しに行くことをオススメします。

レビトラには併用禁忌もあるので、服用する際は注意してください。
もし併用禁忌を無視して服用してしまうと、効果が強く現れてしまったり副作用が強く現れてしまいます。
副作用の症状を抑える為に他の治療薬と併用するという手段がよくとられます。
しかし、それにはリスクがあるかもしれないということを、頭の片隅置いておく必要があります。
もし頭痛が気になる方は、ロキソニンなら併用禁忌に触れないのでオススメです。

レビトラは個人輸入で手に入れよう!

男性が一定の年齢に到達すると、EDの悩みを抱えることが多くなります。
一度EDになってしまうと、周囲に相談することも憚られてしまいます。
EDはデリケートな問題なので、なかなか相談できずに一人で抱えてしまうケースが多いです。

EDの治療に関しては、病院で治療する方法が一般的です。
しかし、中には経済的な理由や恥ずかしさから治療を行えない方もいます。
現在ではこの様な方でも、病院を利用せずにEDを治療することができます。

それは個人輸入を利用して、ED治療薬を購入することです。
薬は一般的には処方箋を貰ってから、処方してもらいます。
しかし海外からの個人輸入なら処方箋なしでの購入が認められています。
医師の診察もないので、より安価にED治療薬を購入することができます。

レビトラの購入はもちろん、バイアグラやシアリスだけでなく、ジェネリック医薬品も個人輸入で購入することができます。
ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に開発された後発医薬品です。
一般的には新薬と同じ成分ですが、製造方法が異なるため値段が変わってきます。
ジェネリック医薬品は安価という特徴があるので、特に抵抗がないならこちらの購入をオススメします。
ジェネリック医薬品の中でもオススメなのがバリフです。
バリフはジェネリック医薬品の中でも最安値なので、ED治療にかかる費用をかなり抑えることができます。

個人輸入の使用方法は簡単で、通常のネット通販の買い物とほとんど手間は変わりません。
個人輸入代行業者のサイトで欲しい治療薬を選んで代金を支払うだけです。
普通に購入すると手間が面倒ですが、個人輸入代行ならそれらを省いてくれます。
普通の通販サイトよりも発送が遅い時もありますが、ほとんどの場合は注文してから2週間程度で届きます。

個人輸入代行業者の中には悪質な業者も存在します。
治療薬の偽造品を郵送してきたり、詐欺行為に遭う可能性もあります。
なので、信頼できる個人輸入代行サイトを探す必要があります。
住所や電話番号などの情報が載っているサイトは、信頼性が高い業者だと言えます。